お役立ちコラム

ハブベアリングからの異音は何が原因?適切な対処法を紹介

2021.08.20

車のタイヤをスムーズに回転させるための部品の1つに「ハブベアリング」があります。
走行中この部分から異音が発生することがありますが、ハブベアリングの劣化が原因の1つと言われています。
今回は、ハブベアリングから異音が発生する原因や対処法について解説しますので、ぜひチェックしてください。
もしハブベアリングから異音が発生した場合、早めの修理・交換が必要です。

ハブベアリングからの異音は何が原因?適切な対処法を紹介

ハブベアリングとはどのような部品か

車のタイヤ周りには色々な部品が使われています。
その中の1つに、ハブベアリングという部品があります。
タイヤは大きくゴムでできたタイヤ本体と、ホイールという中心部の金属部品からできていますが、ハブベアリングはこのホイールを車本体とつなぐための部品です。
タイヤの数だけ車に設置されていて、タイヤをスムーズに回転させる機能を持っています。
また駆動輪についているハブベアリングは、ドライブシャフトも支えます。

たくさんの金属のボールが高速回転する部品

ハブベアリングの内部には、金属製のボールがたくさんあります。
このボールがスムーズに動くように、粘度が高いグリスも塗布されています。
タイヤの回転に合わせてベアリングは高速回転しますので、使い続けるうちにどうしても金属ボールが摩耗したりグリスが切れたりするのです。

時速50キロを超えると異音が発生

ハブベアリングの内部の金属ボールの摩耗やグリス切れが起こっていると、おおよそ時速50キロを超える速度で走行すると異音が発生します。
「ゴロゴロ」とした音や「ゴォー」という音なので、走行音と聞き間違えることがあります。
速度が上がるほど異音は大きくなるので、気になったときには窓を開けて音をチェックしてみましょう。

ハンドルを切ると音が変わる場合

異音がする中でハンドルを切ると、音が変化することがあります。
この場合、車の前輪のハブベアリングに何かしらかの異常が起こっていることになります。
FF車であれば駆動輪が前輪となるため、前輪のハブベアリングの摩耗は起こりやすいため注意が必要でしょう。

異音を放置するとガタツキにつながる

異音が起こり始めた段階で異変に気が付けば大きなトラブルにはつながりにくいのですが、これを放置すると徐々にハブベアリングの摩耗が酷くなります。
ベアリングはもともと消耗品なので摩耗はするものですが、放置するとすり減りやガタツキにつながります。
ハンドル操作が上手くいかなくなるなど、車の挙動がおかしくなるケースもあります。
さらにタイヤと車本体をつなぐハブベアリングが破損して、走行中にタイヤが脱落する大きなトラブルが発生することもあります。

ハブベアリングの点検とメンテナンス

車を走行していれば、どうしてもハブベアリングは摩耗しますし、劣化もしていきます。
ある程度走行すれば交換が必要となる消耗品であることは理解しておきましょう。
ですが、点検のたびにメンテナンスを施すことで、ハブベアリングの寿命を延ばすことはできます。
ハブベアリングを分解し、洗浄をして破損などがないかを点検し、問題がなければグリスを注入するというのがその工程です。
グリスの交換には油圧プレスという機械が必要で、さらにハブベアリング自体を車本体から取り外すためにも工具類が必要となります。

交換は専門店におまかせしよう

ハブベアリングは交換可能な部品ですが、これを個人ですることは難しいといえます。
車の走行に直接かかわり合う部品ですし、取り付けや取り外しに不具合があると安全性が損なわれてしまいます。
もし走行中に普段は聞きなれないような異音がする場合や、ハンドルを切ったときに異音が大きくなる場合には、ハブベアリングの摩耗や損傷の可能性があります。
車修理の専門店に依頼して点検してもらい、場合によっては交換してもらうようにしましょう。

ハブベアリングの交換費用の目安

ハブベアリングの交換にどのくらいの費用が掛かるかは気になる部分です。
ひとことでハブベアリングといっても、ハブベアリングだけを交換できる場合と、ハブアッセンブリーといって全体を交換しなければならないケースがあります。

 

単体の交換の場合は部品代が数千円からとなり、あとは交換の難易度によって工賃がかかります。
簡単に交換できるような場合は片輪で1万円程度が目安となります。
ハブアッセンブリー交換の場合で、交換工事の難易度が高い場合には、片輪で10万円程度かかってしまうことがあります。
費用面が心配で異音を放置すると、他の部分に影響が及びさらなる修理費が必要になることもあります。
異音が聞こえたらすぐに点検、必要なら交換するべき部品となります。

まとめ

車から発生する異音の中でも、走行音に似た音がする場合はハブベアリングに異常が起こっている可能性があります。
安全な走行をするためにも大切な部品なので、異音がしたら必ず車の修理を専門的に行えるお店に相談し、点検整備を受けましょう。
トラブルが起こってからでは手遅れになってしまいかねない部分です。
初期の段階ではグリスアップだけで済むかもしれませんので、ときには車の窓を開けて異音が発生していないか点検するとよいですね。

ディーラーと同等以上の仕上がりを安価でご提供!
お値段以上の満足感をお客様に!!

受付時間 9:00〜17:30(定休日 日曜日他)

03-5707-1441

メールで簡単見積もり

首都圏全域対応!こちらの地域は、さらにご利用しやすくなっております!

世田谷区 目黒区 大田区 港区 渋谷区 横浜 川崎