修理事例

修理事例一覧

  • メルセデス・ベンツ E320 右後部損傷

    東京都世田谷区 K様 メルセデス・ベンツ E320 の修理依頼です。ヘコミの大きい右のリヤフェンダーは板金で直します、損傷範囲が大きくドア付近まで歪みがでています。鉄板を引出し微妙な歪を見極め修正し、その上からパテを塗り形を整えます。リヤバンパーは変形が大きく裂けてしまっているので、程度の良い中古部品に交換します。中古部品なので細かい使用傷を修正し、再塗装します。ロアーの黒い樹脂部分は色があせていたので、同等の質感になるように塗装しました。K様にもご満足頂けたようでなによりです。

  • BMW 330i 右フロント部損傷

    東京都世田谷区 S様 からのご依頼で、BMW330i フロントバンパー右側の擦傷と、右フロントフェンダー先端のヘコミを修理します。フロントバンパーは脱着して付属品を分解、表面の擦傷を研いで修正します。フェンダーはヘコミ部分の鉄板を引出し、パテで表面の形を整えます。仕上がりと強度を考慮して、なるべく丁寧に鉄板を形成して、パテは極力薄く塗ります。変形部の修正が完了したら、サフェーサーで下地を整え、塗装、組付後に仕上げをして完成です。

  • BMW 116i リヤバンパー傷修理

    東京都世田谷区 S様 BMW116i リヤバンパー修理のご紹介です。フロント同様バンパーを脱着して作業を行います。作業工程も同様で、バンパー表面の傷を修正、下地を整えて塗装します。前後バンパー共に綺麗に直りました。 

  • BMW 116i フロントバンパー損傷

    東京都世田谷区 S様 BMW116i フロントバンパー右側の傷修理です。まずはバンパーを取外し、付属品のグリル・ブラケット等を分解します。次にバンパー表面のヘコミと変形を綺麗に整え、パテで形を形成して行きます。バンパーの形状が出来上がったら、サフェーサーで下地を整え塗装して完成です。綺麗に直りました。リヤバンパーの修理も同時にご依頼い頂いたので、別欄でご紹介します。

  • VW EOS リヤスポイラー取付

    東京都中野区のK様 フォルクスワーゲン EOS ABT製リヤスポイラー取付のご依頼です。まずはスポイラーの品質を確認、表面の巣穴や形成不良が無いかをチェックします。アフターパーツの場合は品質のバラつきも多く、粗悪な製品も多々あるため、塗装前にきちんと確認、処理しておかないと、塗装後の仕上がりに影響します。今回の部品は仕上がりもよく、特に問題はありませんでした。次にボディとの仮合わせと調整を行い、各部の隙間や取付位置を決めたら、塗装して部品を取付ます。スポイラーを取り付けたことで、リヤ廻りが引き締まって見えます。EOSのボディラインに添った、綺麗なデザインですね。

  • 右フロントドア損傷 VWゴルフ

    東京都世田谷区のK様 フォルクスワーゲン ゴルフ 右フロントドアの修理です。ドアが開閉方向と逆に煽られるように損傷してしまい、ドアの前側が変形、全体がずれて下がってしまい、上側に大きな隙間ができていました。自費での修理をご希望されているので、なるべく費用をおさえて作業します。損傷の大きいドアは交換、付属品は極力再使用します。新品のドアを仮組みして、各部の隙間を調整します。ここで位置を決めておかないと、綺麗には仕上がりません。一番重要な所ですね。仮組みが決まったら、塗装、組付、仕上で完成です。各部の隙間もバッチリ決まりました。

  • 右前・側面損傷 ボルボ S40

    東京都世田谷区 Y様 ボルボ S40 の修理です フロントバンパーと右後部ドア、フェンダーの修理でご入庫されました。部品交換はせず、なるべく見栄えを良くしたいとのご依頼です。フロントバンパーは損傷箇所を研いで、パテで形を修正、サフェーサーで下地を整え塗装します。右の後部ドアとフェンダーは板金はせず、表面傷だけを平らにして塗装しました。これだけでもパッと見の印象はとても良くなりました。平山自動車工業ではご予算、ご希望になるべく沿うように作業させて頂きます。是非ご相談下さい。

  • 後部傷 メルセデス・ベンツ C200

    東京都目黒区 M様 メルセデス・ベンツ C200 の修理です。後部を擦ってしまい、トランクのヘコミ修理と、リヤバンパー表面の擦傷を目立たなくしたいとのご依頼です。トランクのヘコミは板金で修理、ベンツのシンボル、3ポイントスターは交換します。ナンバーの封印を外さないで作業する為、プレスラインでマスキングして塗装します。リヤバンパーは見た目が良くなる様、全体を研いで形を整え塗装します。トランク、リヤバンパー共に綺麗に直りました。

  • 左側面損傷 アウディ A5SB パート2

    A5SB 東京都世田谷区 S様 左後部修理の続きです。修理したパネルをそれぞれ仮組して、各部の隙間や高さを合わせ、問題が無いのを確認してから塗装します。塗装の際は各部を分解し、個々の部品で塗装、仕上がり重視です。同事故で損傷していた左リヤホイールも修理します。タイヤ専門店で単体のバランスをチェック、振れ・歪みが無い事を確認します。表面の傷は切削して形成、強度を考慮してパテは極力使用せず仕上げます。各部品の塗装が完了したら組付けし、コーティングを施工して完成です。

このページのトップに戻る